• 業務案内

新ロケット構法とは(その2)

「耐久性と耐用性のある構法」です。

 建物は、第一に耐久性が問題です。風雨に晒され、大地の震動に耐え抜く耐久性がなければ、家は生き続けることはできません。第二に耐用性が問題です。暮らしや家族の変化に合わせて、建物内部を変えなければ、家は生き続けることはできません。つまり耐久性と耐用性の両方が大事なのです。
 この点、昔の「田の字型」の家は、太い柱と梁によって構成され、耐久性に優れ、同時に間取りは襖や障子で仕切られていたので、暮らしの用に応えて自由に変化させることができました。つまり、躯体(スケルトン)と、しつらえ(インフィル)が分離していたから、昔の家は長生きすることができたのです。
 建物の短寿命が伝えられるなかで、この分離に目が向けられたのは自然の成り行きでした。ロケット工法は、このことが強調されるはるか前から、そうした考えに基づき開発された構法です。

新ロケット構法とは(その1)

新ロケット構法とは(その2)

新ロケット構法とは(その3)

新ロケット構法とは(その4)

ヤフオク 出品しています

新築・住宅施工等

    

新築・住宅施工等につきましては、下記へお問合せください。

三和建設 株式会社
〒321-0967 栃木県宇都宮市錦3-6-7
TEL:028-622-9382(代)
栃木県知事許可(般28) 第15872号
栃木県知事登録 Bロ第4249号

分譲地・建売物件等

    

分譲地・建売物件等につきましては、下記へお問合せください。

三和住建 有限会社
〒321-0967 栃木県宇都宮市錦3-7-11
三和ビル2F
TEL:028-623-6230
販売 栃木県知事(3)第4445号